国木田独歩文学碑

逗子で結婚生活を送った国木田独歩の文学碑

逗子市桜山9の浄化管理センター内の公園に国木田独歩文学碑が建てられています。国木田独歩は若くして(満36歳)没した小説家で、自然主義文学の先駆者とされています。学生時代に徳富蘇峰と知りあい大いに影響を受け、明治27年(1894年)、民友社に入り徳富蘇峰の「国民新聞」の記者となり、この年起きた日清戦争に海軍従軍記者として参加。「愛弟通信」をルポルタージュとして発表し、「国民新聞記者・国木田哲夫」として一躍有名となりました。明治28年(1895年)11月、蘇峰の媒酌で佐々城信子と結婚し逗子で暮らし始めましたが、あまりの貧困生活に耐えられず帰郷し両親と同居しました。翌年信子が失踪し協議離婚しています。信子との間には長女がいます。その後、明治31年(1898年)、下宿の大家の娘・榎本治(はる)と再結し、四子をもうけました。この最初の結婚生活を送った地が逗子であり、独歩ゆかりの地となっています。また、独歩も貸し家の「柳屋」近くで眺めた富士が忘れ難かったようで、小説「武蔵野」で「われわれが逗子の「あぶずり」で眺むるよう」な富士に言及しています。

基本情報

住所
〒249-0005 神奈川県逗子市桜山9 - 2448- 4
お問い合わせ先
逗子市観光協会
電話番号
046-873-1111
アクセス
JR横浜横須賀道路逗子ICから約10分
京浜急行逗子・葉山駅より徒歩19分
逗子駅より徒歩22分
リンク
Travel.jp

周辺にあるスポット

鐙摺の不整合
鐙摺の不整合
more
GLOCE 逗子ビーチハウス
GLOCE 逗子ビーチハウス
more
NAGISA HOUSE
NAGISA HOUSE
more
渚橋下の地下通路(トンネル富士)
渚橋下の地下通路(トンネル富士)
more
太陽の季節文学記念碑
太陽の季節文学記念碑
more
富士見百景
富士見百景
more
ダイヤモンド富士(4月・9月)
ダイヤモンド富士(4月・9月)
more
逗子海岸
逗子海岸
more
逗子海岸ウォーターパーク2022
逗子海岸ウォーターパーク2022
more
精霊おくり
精霊おくり
more